初心者向けの投資を教えて下さい。

「初心者が投資を始めるならばまずはローリスク・ローリターンの投資から」と言われました。

回答1

最初にやるべきは、投資の勉強と、バーチャルトレード(デモトレード)だと思います。

ここで、投資を教えて下さい。と言っている間は、株やFXに手を出してはいけません。

自分で投資銘柄や投資戦略を考えられる程度の金融リテラシー(投資運用の基礎知識)を身につけないと、投資はギャンブルと同じです。どんな市場銘柄戦法でも決して上手くは行かないでしょう。(まぐれの当たりは初心者でも有ります。でも、長年継続して儲かり続ける事は出来ないです。)

したがって貴方の場合は、日本国債変動10年や、定期預金、MRFをお勧めします。

回答2

個人向け社債(なるべく償還までの期間が1年以内のもの)はどうでしょうか。同期間の国債や定期預貯金の利率よりも有利ですし、発行時に買い償還まで持てば確定利付きです。債券の発行体(企業など)が破たんすると、お金が返済されなくなる恐れもありますが、「1年以内に破たんする企業の社債 を金融機 関が売ったら責任重大なので、そんなの売るはずがない」との読みです。唯一の難点は、償還日まで中途換金できないことです(できたとしても相当不利な価格になる恐れ)。

なお、あくまでも一般論ですが、

貯蓄商品…元本保証、確定利付きの金融商品(各種預貯金など)。国債も発行から償還まで持てば確定利付き(国が破たんしないという前提)

投資商品…元本保証はなく、リスクあり(=利回りが確定していない。投資の世界でリスクとは、収益が確定していないという意味です)。

主なリスク…価格変動リスク(株式、債券など)、金利変動リスク(外貨建てを含めた債券など)、為替変動リスク(外貨建て債券、外貨預金、外貨MMF、FXなど)、デフォルトリスク(債券など)、など。投資信託は主な投資対象によってそれに該当するリスクがあります。

個人向け社債には、為替リスクはありませんし、価格(金利)変動リスクも満期まで持つことでコントロールできます。デフォルトリスクは上記のとおりです。

投資初心者は、なる 戮リス が少ない、あるいはリスクを把握(コントロール)しやすい商品を選ぶのがベストでしょう(その代わり、期待できるリターンも少ないのですが)。

ご参考になれば幸いです。


回答3

普通預金一択です。

国債や定期預金はハイリスクだと思います。


回答4

定期預金または日本国債だと思います。


回答5

為替かなあ?株式なら5万円ぐらいからやれば?


Originally posted 2019-08-28 16:47:02.

カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA