FX初心者です。指値注文と逆指値注文の違いがよくわかりません。どなたか出来るだ…

けやさしくお願いします。

..[補足]..
回答ありがとうございます。すごく丁寧で分かりやすいです。ですが、この

5.現在90円で、買いポジション中に、85円まで下がると危険なので、85円での決済売り注文を出すときは、「逆指値」による決済売り注文。

場合なんですけど、これって買いポジションしている元時点で90円のものに対して、85円になったら売るという条件を付け加えるということで合ってますか?それとも新しい注文を85円の逆指値で出すということですか?

回答1

人間の本性は、「なるべく安く買って高く売りたい」で、この本性に合致する方向での注文が「指値」で、この本性に逆行する方向での注文が「逆指値」です。

つまり、「指値」=「現在値より下がったら買う」「現在値より上がったら売る」という注文で、「逆指値」=「現在値より上がったら買う」「現在値より下がったら売る」という注文です。

具体例です。

1.現在90円で、85円まで下がれば反転上昇すると期待して、85円での新規買い注文を出すときは、「指値」による新規買い注文。

2.現在90円で、95円まで上がれば反転下降すると期待して、95円での新規売り注文を出すときは、「指値」による新規売り注文。

3.現在90円で、85円まで下がれば下降トレンドになると期待して、85円での新規売り注文を出すときは、「逆指値」による新規売り注文。

4.現在90円で、95円まで上がれば上昇トレ 鵐匹砲覆 襪抜待して、95円での新規買い注文を出すときは、「逆指値」による新規買い注文。

5.現在90円で、買いポジション中に、85円まで下がると危険なので、85円での決済売り注文を出すときは、「逆指値」による決済売り注文。

6.現在90円で、買いポジション中に、95円まで上がれば十分な利益が得られると判断して、95円での決済売り注文を出すときは、「指値」による決済売り注文。

7.現在90円で、売りポジション中に、85円まで下がれば十分な利益が得られると判断して、85円での決済買い注文を出すときは、「指値」による決済買い注文。

8.現在90円で、売りポジション中に、95円まで上がると危険なので、95円での決済買い注文を出すときは、「逆指値」による決済買い注文。

Originally posted 2019-08-28 17:00:09.

カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA