FX初心者です。 クリスマス含む年末年始、春節、イースター、 これらはやはりマ…

FX初心者です。
クリスマス含む年末年始、春節、イースター、
これらはやはりマーケット参加者が少なくなるためにチャートが大きく動くことを知りました。
ドル円やユーロドルを持とうと思う

のですが、これらの時期に大きく動くとは、決して暴落だけではないですよね?
暴騰もあり得るのでしょうか?

回答1

ドル円は円高方向になりやすいです。

ユーロドルはヨーロッパもアメリカもおやすみなら
あまりうごかないかもしれません。

相場の薄い時期は、ポジションを新たに持たないようにした方が良いです。
特に今年のGWは10連休です。クロス円はかなり危ないです。

回答2

相場は、リスクを取る方向にはゆっくりと、リスクを避ける方向には急激に動く傾向があります。「登り百日、下げ十日」という格言がある通りです。
絶対はないものの、「リスクを取る方向への超爆上げ」は、あまり考えにくいです。

外為の場合、一般論的には、
「リスクを取る方向」=円売り外貨買い・高金利通貨買い・基軸通貨からその他の通貨への資金移動
「リスクを避ける方向」=円売り外貨買いの解消・高金利通貨買い持ちの解消・基軸通貨への回帰


カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA