FX初心者です。 1ヶ月の中で、経済に連動した値動き以外で、特に値動きが激しくな…

FX初心者です。
1ヶ月の中で、経済に連動した値動き以外で、特に値動きが激しくなる日にちはありますか?
例えば、月末とか、10日とか、決済、入金関係で、特徴があれば教えて下さい。

た、一年単位でも、12月は激しくなるとか、毎年何となく流れがあれば教えて下さい。

回答1

大手金融機関の検証では、「外国為替市場には季節性・周期性で動くお金はあるが、為替レートはそれほど単純に決まるものではない」(つまり為替相場に季節性・周期性はない)という結果になるそうです。

貿易面をみてみると、2015年の日本の年間貿易額は輸出75兆6139億円、輸入78兆4055億円、合計154兆194億円です。これに対して、円を対価とする外国為替の取引量は、1日平均約122兆円です。2日分の取引量で、日本の年間貿易額を上回るわけです(外国為替取引に占める貿易関連の比率は1%未満)。企業決済に伴う外国為替相場への影響は、あったとしても限定的と思われます。

ご参考になれば幸いです。

回答

回答2

土曜日の深夜からNYclosedまでの時間です。

ポジション手仕舞いが起こりますので、上昇した通貨は利益確定の動きで一旦下がります。

逆に、下押ししすぎた通貨は、ショートカバーで一旦、上がります。

あくまでも、ストレート通貨に限ります。(EUR/USD,GPD/USDなど)

クロス円などは、それほど変化ありません。


回答3

質問からして「入金、決済」等の企業などによる実需による相場への影響はほとんどないと考えた方がよいですよ。例えば、トヨタが月末にドルを売って円に換えるからその月、日は相場が大きく動くなんてことは考えないことです。
はっきり言ってそんなことは絶対にわからないことですし、そもそも企業はそんな簡単に相場によって損益が左右されないように、オプション取引を利用しているので、「そろそろ円安の天だからこの辺でドルと円を交換しておこう」なんてことはしませんからね。
経済指標発表時が大きく相場が動く時です。後はイレギュラーな要人発言、天災、テロ等の予想しえないことしかないでしょう。
為替相場における実需の影響は数パーセントしかないと言われてます。


Originally posted 2019-08-28 16:19:14.

カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA