fx初心者です。

マイナスが積み重なり心折れそうです…
が、もうちょっともがいて、なんとか自分なりの勝てるポイントを探し当てたい!と思っております

よく言われるのは、『まずは初心者は長期チャートが良い』と聞きますが具体的にどれくらいの期間保持するのが良いのでしょうか??

回答1

長期チャートがよい、というのは、「長期保有がよい」ということとは違います。まず、長期保有を見て、トレンドの中で、初期、中期(安定成長期)、最終章(トレンド反転に続くお祭りの終焉)という目で流れをとらえる。過去にいろいろなパターンがあるので、その特徴的共通項を探し求める。そして、新しいトレンドへ向かうことを確認できるポイントを探し求める。そのポイントをつかめば、その決断による投資は、めったに「逆ザヤになることなく、」大きな流れに乗ることができる。そして、最後は、そのトレンドが反転したと確信できるような「特徴的値動き」を、予測し得る状況になるまで保有し、撤退する。そして、その反転を確信できる動きを確認したら、その時は今までとは反対方向へのトレンド発生の時なので、今までとは反対方向へ飛び込む。
この流れを、頭の中に叩き込む。そして、その通りに行動する。それを見つけるためには、5分足、時間足など、些細なことで流れが変化するもので得られるものはない、というのが基本的な考えでしょう。それを理解したうえで、基礎 諒拔を 垢襪海箸鬚勧めします。

回答

回答2

初心者は長期、上級者は短期とかそういうのはありません 初心者が短期で勝てないからといって長期スパンにしたら勝てるわけではありません

相場はフラクタル構造でありどの時間足でも同じように動きますので短期の波を刈り取るトレードができないのであれば長期でも最終的にはトータルマイナスに落ち着きます

短期と長期で何が違うかというと、波の値幅が違うので、長期スパンのトレードでは、大まかな方向感が合っていてもエントリーが早すぎて少し逆行することがありますが方向が合っていればそのうちプラ転します そういうほっとけば助かるみたいな経験が「長期は簡単」という幻想に繋がるのです 長期でもミスれば思いっきり負けます

短期でも同様のことは起こりますがスパンが短いためサイクルが短く頻繁に起こるのです つまり初心者が退場するまでのサイクルが早いか遅いか、短期と長期の違いはこの話の場合そこだけです 初心者なら長期のスパンでだらだら時間をかけて負け越すよりも、短期で負けまくり 経験値を 積むほうが良いです のちに長期でやりたくなればその短期の経験を長期に応用すれば良いだけです 相場はフラクタルですので

デモトレードというものがあるのですからリスクを負わずに短期でたくさん経験を積みましょうね メンタルは技術がカバーしてくれるのでその確信を得るまでリアルマネーを投じることは禁じたほうが良いでしょう


回答3

そもそも論ですが、勝ち方知らないでリアルトレードしてる
ことがすでに詰んでいると思います。

アナタの場合、まず考えなければいけないのはそこでは
ありませんか。


回答4

トレーダーです。
長期チャート→保有期間
ではないと思います。
長期チャートで相場の流れを掴むことだと思います。
コツとしてネットに流れてる情報もそうですし、僕が教える際も同じことを言っています。
保有期間はあなた自身の裁量及び相場で決める方が良いでしょう。
ルールを定める時も、常に一定のルールにするのではなく
「あの波形が出たら」
「あのローソク足がでたら」
と言った感じの柔軟性のあるルールを設けるとやりやすいですよ。


回答5

期間保有は、自分のルールにもなる部分です。

つまり、ルールで決まるので一概に言えません。

貴方のライフスタイルに合うもの

ストレスがかからない期間。

どのくらいの期間がストレスがないんでしょうか?

自分に合わせないと稼げないですよ。


回答6

一つの通貨ペアにつき、週足、日足、4時間足の三種類ぐらい同時に見ておくのが、トレンドフォローには良いでしょう。

蛇足ですが、短期売買なら15分足が良いです。


Originally posted 2019-08-28 15:34:34.

カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA