FX初心者です。

相場で一番大事な資金管理についてですが総資金量のリスクに曝す割合を2%以内に抑えるルールで行っているのですが、これだと明らかに優位性の高いチャート分析の場面でもロットやレバレッジを上げるのをためらってしまいます。

週足、日足、時間足と相場環境が揃った時にレジサポラインで注文が集中している箇所を確認しエントリーしており、高値・安値の切り上げ・切り下げが出るまでは利を伸ばす方法です。

損切りは直近の高値・安値の下に逆指値を入れてますが、強いトレンドの時は次の節目まで移動させます。

ちなみにトレンドラインは苦手です。あれは損切り注文を巻き込んでいないケースが多くダマシが多いですので・・・

そこで問題は資金管理ルールですが明らかに優位性が高い時でも2%リスクに抑えるべきでしょうか?
俺としてはオーバーリスクになってもロットを上げたくなるのですが・・・
里に相 譴寮茲棒簑个鰐気い里韮押鵐襦璽襪六犲蕕任靴腓Δ・・・

回答1

2%ルールとか5%ルールとかは、破産しないための最悪の一線ですよ。日々のトレードのエントリとは関係ないと思います。車で言えばシートベルトとかエアバッグとかで、ドカンと大きな事故を起こして3ヶ月入院したとしても命は助かる、みたいなやつです。

エントリして目論見通り行かなかった場合は、エントリしたときのストーリーからはずれたことを確認した時点ですぐに損切りします。それは2%とかよりはるかに小さい値です。エントリするときにGoサインを出すのは、そういう幅で損切りできるかどうかも考えてのことです。
僕は大きくても0.4%くらい、昨日は11回損切りしていますが、最大が資金の0.12%です。

突然の高官発言とか天災があってマウスをクリックする余裕もなく値が動いてしまう場合があるので、それに備えて2%のところに損切りを入れておくのは良いと思いますが、そういうのは本当の緊急事態だと思った方がいいです。毎回、2%を意識するようなトレードしていたら危なくてし 腓Δな い任靴腓Α

車で通勤する人が、「今日もエアバッグのおかげで助かった」とか言っていたら怖いですよね…..

回答

回答2

一般論的にはそうでしょうね。
ただ「明らかに優位性の高いチャート分析の場面」との事ですが・・・。
ならば、やってみれば良いのです。
結果がどうであれ「検証」を繰り返すことによって、
良い経験が出来ると思います。
最後に「トレンドラインが苦手」とのことで、
あくまで個人的見解ですが、
その人の取引スタイル、手法にかかわらず、
各種ラインを上手く引くことが出来ないと、
勝ち続ける事は難しいかもしれません。
チャート分析には必須だと思うのですが・・・?


Originally posted 2019-08-28 16:19:29.

カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA