FX初心者です。FXにはIFD注文やOCO注文などがありますが、どのように使い分けたら…

いいのでしょうか。OCOは利益が確定してる時に使えばいいのでしょうか?

回答1

使い方が全く違います。

IFD(イフダン)注文は、新規注文(IF・イフ)と決済注文(DONE・ダン)をセットで設定する注文。

例)
米ドル円を今より下がったら【買】、そこから上がったら【売】、の場合。
新規(IF)注文で指値注文(今より下がった価格)を設定し、
決済(DONE)注文で、指値注文(IF注文の価格よりも上がった価格)を設定します。

使い方としては、仕事などで長時間、取り引きできない時に、でも、相場がこうなったら、そこで買いたいとか売りたくて、そしてその後、こうなったら、そのポジションをすぐに決済したい、と方針が決まっている時に使う、などです。

OCO注文は、新規or決済注文で、今より上がっても下がっても買いたいor売りたい場合に設定する注文です。

例)
既に持っている米ドル円【買】ポジションを、今より2円上がったら売る注文(OCO 1注文 )と、今より0.5円下がったら売る注文(OCO2注文)を、セットで注文。

使い方としては、質問者様の言うとおり、既にポジションを持っていて含み益が出ている時に、このくらい上がったら利益確定したいけど、下がって含み損になったら、イヤだから、下がった時の利益確定注文も同時にしておきたい、というようなものもありますし。
他にも新規ポジションを作る時に、あわよくば少し相場が反転したところでポジションを持ちたいけれど、そこまで反転しないまま、現状のトレンドが強まっていった時に、どうしてもポジションを持ちたい、なんて時に使うこともできます。

どちらもチャート・相場に貼り付けないけれど、方針が決まっていて、今の価格相場で成行注文するのがイヤだなぁ、という時に使われることが多いと思われます。

FX会社によっては、複合型のIFDOCO注文なんてのもできるところもありますね。

Originally posted 2019-08-28 16:08:53.

カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA