FX初心者です。FXのスワップポイントとロールオーバーに関して教えてください。

■某FX会社のデモトレード(店頭FX)で勉強しています。先日、米ドル/円の買いポジションを持ちました。
・2011年6月6日 USD/JPY レバレッジ20 レート80.2円 で 10,000通貨×20枚 = 200,000ドル の買いポジションです。
そのままで翌日、取引履歴報告書を観て分からない事があります。
アメリカ時間でRCL(ロールオーバークローズ)されたレートが 売り80.15円でした。 損益欄は−10,000円で理解できます。
スワップ欄は −1,080 でした。←ここがマイナスなのが分かりません。1,080÷20万通貨=54 ですから、その日のスワップポイントは1万通貨/54円 でよろしかったのですよね。
でも、米ドルを買っていたのですから、 +1,080のスワップポイントではな い里任靴 腓Δ?
そしてまたROP(ロールオーバーオープン)のレートが買い80.1554となっていました。確かにその会社のスワップポイントは−1,080ですから
80.15円+0.0054円=801554 でも+1,080でしたら 80.15−0.0054=80.1446のロールオーバーオープンレートになるのではないでしょうか。

まとめ
質問1 2011年6月6日 USD/JPY 200,000通貨 買いポジション スワップポント1万通貨/54円
スワップポイント −1,080 で正解ですか?

質問2 RCLが80.15円の場合、ROPも80.15円で正解ですか?

質問3 この場合のスワップポイントが200,000通貨で+1,080 RCLとROPレートが同じとした場合
80.15−0.0054=80.1446 は正解ですか?

質問4 超短期金利が絡むとはどういう意味でしょうか?

質問5 この 日は金利が逆転したのでしょうか?

この会社に問い合わせたところ次のような応えでした。FX初心者にはとても理解できない答えでしたので
いろいろ調べましたが分かりませんでした。

答え・一般的に金利の高い通貨を保有し、安い通貨を売り建てた場合は
受取りとなりますが、超短期金利が絡みますので、逆転する場合もございます。
買建玉を保有しておりますが、スワップは支払いとなり-1080.00となります。

繰り返し質問しましたがその会社からは答えがありません。

この「超短期金利」とは、どういう金利のことでしょうか?その時だけドル金利と円金利が逆転して
スワップの支払いになったのでしょうか?

買達玉を保有しておりますが、スワップは支払い・・・という意味合いが全く私には理解できません。

以上、よろしくお願いします。

..[補足]..
RCLは80.15000で000を省いてい ます。実 際は5桁です。0.0054で54円になるのでは?0.で10,000円の位では?GFT系って何ですか?おっしゃるとおり外為どっとコムさんは一目瞭然で金利が付いていました。でも、そう考えるとこの会社はおかしいですね

回答1

某FX会社のデモトレード(店頭FX)はGFT系ではないでしょうか。
(1社だけの体験ですので他社は違ってるのかも知れませんが)
GFT系だと建値から計算するのではなく(ポジション持ったときは当然建値ですが)RCL,ROPで計算するので実際の損益がわかりにくいですね。
質問1から質問3までまとめますと、スワップが6/6時点での1万通貨あたり54円とはすごいですね。(計算は合ってます)
他社は1万通貨あたり1円程度の受け取りです。
ROPのレートが買い80.1554とありますが下2桁でやっているのに下4桁ですが、本来は下4桁での取引ですか?
2桁での取引だと0.054分でスワップ分を相殺して当日分は0のように見えますがいまいちわかりません。
RCLは前日清算値,ROPは当日建値なので表示の仕方が変ですね。
こんなことに頭を悩ませ、神経すり減らすのは実際のリアルでの取引では 乎耄呂 腓韻泙垢里如他の会社のデモ口座を使うことを薦めます。
取引口座が多い会社(GFT系でないものDMMとか外為オンラインとか)は損益は建値からの実損益ですのでRCL,ROLは気にしませんしスワップは単純に提示してくれますから悩まなくてすみますよ。

質問4ですが
Overnight Indexed Swap(翌日物コールレートや、FF金利、EONIAなどの翌日物の金利と連動するもの)のことでしょうか、3月の震災後に日本側の超短期金利が高騰し(円の供給ひっ迫のため)金利が逆転しスワップは売りが高値受け取りとなった事があります。(震災手当ての円買いの思惑と邦銀の預金払い戻し需要の予測で円需要の増大と供給の枯渇が原因といわれる)

金融関係者や金融工学の関係者ではないのであまり詳しくは説明できませんのでご了承ください。また、上記の会社は具体的に例を提示するために書いたもので推奨するわけでは有りませんのでご自身でよい方法をお取りください。

————————
補足分の追記< br /> – ———————–
GFTは取引システム系統のことを言ったつもりです。
他にも色々あるようですが・・・
ロールオーバーの数値はわかりましたがそちらで扱っている取引取り扱い説明書を読んでいないので何ともいえません。
リアルでの取引に移行するつもりなら命の次に大事なお金?であるので理解できないところのシステムでの取引はやめるべきかと。
あまりユーザーサポートも丁寧でないようですしいトラブルが発生した場合の対応も大事ですしね。
取引の約款?にも十分に理解したうえで取引するように書かれていますし。
バーチャルなのでこだわる必要もないと思いますよ、トレードのやりやすいところを見つけてください。
リアルで誤発注なんかやると泣きです。(勘違いしてやっちゃうところもあるのですよ)

カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA