FX 初心者 資金が少ない人向け FX 初心者 やり方 主婦 FX 初心者 必勝法 教えて下…

さい

回答1

水谷さんのサイト、
FX必勝法ガイド → http://search.yahoo.co.jp/search?p=sdkmkh243lkjn&aq=-1&oq=&ei=UTF-8… すごく役立っています。

ここまで安定して勝ち続けている手法は他にないと思います。

相場がどう動こうと関係なく、ここまで安定して勝てるFX必勝法というのは、なかなかないですよね

回答

回答2

皆さんは取引口座を開設する際、何を基準にFX業者を選んでいますか?何となく広告で見かけたことがあるからとか、キャッシュバックキャンペーンが実施されていたからとか、曖昧な理由でFX業者を選ぶのは感心しません。FXトレードの環境はすべて業者が提供するものであり、どのFX業者を選ぶかによって収支は大きく変わってきます。

・取引コスト
どれほど顧客重視のサービスを展開していても、FX業者にとってFXトレードはビジネスであり、利用に際して必ず費用がかかります。わずかな手数料でも、何十回何百回とトレードを繰り返していると取引コストを軽視できなくなります。最近では取引手数料が無料に設定されている業者も珍しくないので、頻繁にトレードを繰り返す方はこれらのFX業者を選ぶと良いでしょう。

同様に、スプレッドも注目すべきポイントです。買値と売値の差額にあたるスプレッドはトレーダーにとって取引コストの一種であり、たとえ手数料が無 舛任皀好 廛譽奪匹高ければ意味がありません。固定制なのか変動制なのか、平均pipsはどのくらいなのか、相場と比較して検討することが大切です。

・取引プラットフォームの充実度
FXトレードにおいて、使用する取引ツールの性能は極めて重要です。テクニカル分析用のチャート機能、最新の経済ニュースの確認機能、自動売買取引、これらの機能が備わっているか否かによって勝率は大きく左右されます。初心者の場合、取引ツールをインストールしても使い方自体がわからないことが多いので、学習用教材やサポートサービスが揃っていると安心です。

・信頼性
基本的に為替市場は24時間いつでも開いており、為替レートは絶え間なく変動し続けています。ほんの数秒のタイムラグによって損益が大きく異なってしまうこともあるため、約定力の高さもチェックする必要があります。サーバーの質が低いせいでシステムが不安定になったり、自分の注文が正常に処理されなかったりするようなFX業者はとても信頼できません。

それに、会社の経営規 呂盻斗廚 任后いつ倒産するかわからないような会社に自己資産を預けるのはリスクが高すぎます。万一経営が破綻しても顧客の資産を保障できる信託保全が図られているか、確認しておけば安心してトレードに専念できます。

このように、FX業者の特徴は様々なポイントに現れます。FXで思うように稼げていないとお悩みの方は、思い切ってFX業者を変えてみるのも一興です。


回答3

FXで業者を選ぶポイントに「FX業者独自の取引システム」を選ぶというポイントがあります。

FX業者ではそれぞれが独自の取引システムで利用者のより良い取引が行なえるように様々なサービスを提供しています。

特に取引を円滑に進められるような自動取引などには個人個人で「使い易い」「使い難い」といった好みもありますから、自分の好みに合った環境でFX取引を行なえるような環境を選ぶと面では重要な事なのです。

情報提供やセミナーも、今はどのFX業者も充実してきているため、「○○が絶対良い!」というのではなく、

「私は○○が管理画面がわかりやすくて使いやすい」

という人もいれば

「○○は初心者向けっぽくてトレーダーとしてモチベーションが上がらないので自分は□□が良い」

という風に相性があります。

手数料という絶対評価以外でもこういう要素があるので、こればかりはいくつか開設してみてその中で一番使いやすいものを使い続けることになります。
為替差益とは為替レートの変動を利用して利益が得られると言った仕組みです。

例えば…運用資金100万円

1ドル/100円の時に1万ドルを購入する。(100万円で購入)

↓↓↓(市場の流れにより5円の上昇)↓↓↓

1ドル/105円の時に1万ドルを売る。(105万円で売却)

この取引では5万円の収入…

このような為替の取引で得られた差益のことを「為替差益」と言います。

逆に…

1ドル/100円の時に1万ドルを買う。(100万円で購入)

↓↓↓(市場の流れにより5円の下落)↓↓↓

1ドル/95円の時に1万ドルを売る。(95万円で売却)

この取引では5万円の損失…

このよ うな為替 の取引で失った損失を「為替差損」と言います。

しかし、FXではこのような損失を生んでしまう状況でも利益を生む事が出来ます。 円が安くなる場合にはドルを買う事で資産は増えますし、 円が高くなる場合にはドルを売る事で資産は増えます。

FXでは状況によっては円高の時にでも円安に時にでも、それを見極めて為替取引を行なう事で為替差益を得る事もできます。

〜「為替差益」とレバレッジ〜

この「為替差益」をより大きく得る為のシステムとしてFXにはレバレッジというシステムがあります。

レバレッジは証拠金の数倍〜数十倍の取引が行なえるシステムです。

先程の為替差益を得た取引に5倍のレバレッジをかけた場合の取引では…

運用資金100万円(レバレッジにより500万円まで運用が出来る)

1ドル/100円の時に5万ドルを買う。(500万円で購入)

↓↓↓(市場の流れにより5円の上昇)↓↓↓

1ドル/105円の時に5万ドルを売る。(525万円で売却)

この取引では25万円の収入!

というように同じ運用資金でも同じ機関で5倍の収入を得る事も出来るのです。しかし、当然損失のリスクも5倍になってしまいます。


回答4

一般的にFXのスキャルピングで稼いでいるトレーダーは、利益を5PIPS〜10PISP、
そしてロスカットも5PIPS〜10PIPSの間に設定し、勝率が6割〜8割の間、という設定が多いようです。
これにはもちろんスプレッドが含まれますから、実際には利益:ロスカットは6:4くらい。
そんな不利な状況で勝率を最低でも5割以上キープしなければなりません。
口で言うほど簡単なことではありません。

次にロスカットです。ロスカットも非常に大切です。
車でいうブレーキのようなものです。
普通、スキャルピングで稼ごうと思うと、通常よりレバレッジを上げなければ利益が出ません。
言わばスポーツカーで高速運転しているようなものです。
ブレーキのタイミングが遅くなるとどうなりますか?

FXの成功の法則を紹介したいと思います。
成功者はきちんと自分のFX取引内容を把握しています。
取引 瞭睛討魑録して、どのような状況で買ったのか売ったのか、どの様な値段で決算を行なったのか、利益はどのくらいだったか、損切りの値段など色々な情報を記録しています。
もし、自分の取引にダメな部分があれば、何回も記録していれば気が付きますよね。
誰でも間違いというのはありますが、それを正す事が出来るのかできないのかで随分とその後のことが違ってくるでしょう。
記録をつけるようになってくると、もし損切りばかりの現状が続いても、決して焦る事が無く冷静に利益を取り戻す事ができます。
FXでは冷静な判断が必要な事も多いのです。
どちらかと言うと客観的にFXを判断できる人の方が向いているでしょう。
例えば、バーチャル取引では客観的な取引ですから、勝てるということが良くあります。
しかし、リアルな世界で取引してしまうと、人の感情が微妙に入り込んでしまって勝てなくなってしまいます。
勝てる場面が来ても、バーチャルの世界とは違った行動を行なってしまうものです。
記録を行なって、それを分析する気 持ちと行 動が重要となりますし、冷静な判断も必要でしょう。


回答5

FXのスワップ金利では預金のように取り扱う事ができるため、利用してる人も多いです。
しかし、毎日スワップ金利はもらえますが、大きな為替変動によっての利益は得られませんから、利益を大きくする事ができない事もあります。
また、長期的に取引を行なうので、レバレッジを少なくするので、利益も大きく増やしにくい性質があります。
貯蓄として利用するなら、為替が数年単位で上がったり下がったりを繰り返す動きを利用すると良いでしょう。為替は短期間でも一定の割合で変動していますが、数年単位でも大きな流れが出来る事もあります。
数年単位で平均的な値段を割り出し、一番低くなっている時期にスワップ金利狙いで買ってみるのも良いでしょう。
今後少しずつ上がる可能性があるため、為替差益で利益を得ながらスワップ金利で利益が得られます。
気をつけたいのが、スワップ金利を得ていても、為替が下がって為替変動による損失の方が大きくなってしまわないよう気を付けることです。
数年に 1度す ごく下がる事があるので、スワップ金利狙いの資金をある程度用意しておくと便利です。
また、ある程度デイトレなどで利益を上げてから、その資金をスワップ金利に回しても良いと思います。

FXを5万円から始める

FXを5万円からはじめて、コツコツと堅実な取引を行なった時の利益を考えてみましょう。
レバレッジを高くしない場合では、1000通貨など少ない単価で行う必要が出てきます。
レバレッジを高くすればそれだけリスクが高くなるので、レバレッジを低くした方が良いですね。
5万円から始める場合でレバレッジが低いのなら、1000通貨で始める必要がありますね。
1回あたりの利益が100円とか200円とか少ない事も考えられるので、それを毎日行なったとして1年後には少ないですが安全な取引は行なえますね。
少ない金額で取引を行なっていると利益は非常に少なくなります。
しかし、スワップ金利もありますから、為替変動による利益と合わせて考える必要がありま す。< br /> 少ない取引単価ではスワップ金利も当然安くなりますから、最初は利益が少なくてもその利益を元金にして複利で増やしていく方法も考えてみましょう。
中には100通貨から行うことができるFX業者もありますから、資金の面ではもっと少ない資金でも取引は可能です。
更にそれの利益を考えるとかなり低くなるので、FXをやっている意味はなくなってしまう事もありますが、最初は少ない資金でコツコツと始めてみるというのも一つの方法です。


回答6

FXをこれからはじめる人にとっては、どういうポイントで業者を比較すればよいのかも分からない状態ではないでしょうか?

FX業者の選ぶポイント

登録業者であること

必須といってもいい条件がいくつかあって、【登録業者であること】、【信託保全の導入】の二つは絶対です。登録していない業者は、詐欺などを目的としている可能性が非常に高いです。

【登録業者であること】

自分で他の業者を選ぶときにはまずこの記述を確認することを忘れてはいけません。

【信託保全の導入】

【信託保全の導入】というのは、業者が破綻(倒産)した場合に、債権回収から私たちの投資資産を保護する仕組みです。

この信託保全がないと、その業者の財産の一部として倒産した際に債権者の取立てによって返済の一部に充てられ、資金が戻ってこない危険性があります。

基本となる比較ポイント

次に、基本となる比較ポイントを見ていきましょう。【スプレッド】、【取引通貨単位】、【レバレッジ】、【スワップ水準】、【高金利通貨ペアの有無】、【情報】、【約定能力】。これらがよく比較対象となります。

【スプレッド】

【スプレッド】は、買いレートと売りレートの差額のことで、例えばドル円のレートが93.82-93.83となっていればスプレッドは1銭ということです。

銀行の外貨預金などではこのスプレッドに相当するものが50銭〜1円程度となっているためFXでは有利な取引ができることがわかります。この値が小さければ小さいほど、短期トレードで利益が出しやすくなります。

【取引通貨単位】と【レバレッジ】

【取引通貨単位】と【レバレッジ】ですが、これらは資産の運用方針に影響があるポイントで、取引通貨単位は通常1万単位といって、ドル円なら1万ドルを最小の取引単位としていますが、業者によっては1000通貨を最小単位 として認 めています。

1万ドルの取引には100万円程度が必要ですが、レバレッジが100倍なら1万円、200倍なら5千円で良いということになります。

しかし、レバレッジが高くなると値動きによる含み損によってポジションが強制決済される危険性もたかまります。

【スワップ水準】と【高金利通貨ペアの有無】

【スワップ水準】と【高金利通貨ペアの有無】の二つは、スワップポイントを目的とした長期トレードをする場合に重要になります。

世界不況の影響で各国とも金利は引き締め気味なので、全盛期と比較するとこれらを重視する人は少なくなったようです。

しかし、それでも南アフリカランドやトルコリラなどの5%を超える高金利通貨ペアはまだまだ人気です。

【情報】

【情報】は、為替に関するニュース(マーケット情報や市況情報など)を配信してくれるサービスや、 専属アナ リストによる売買ポイントの分析を会員向けに提供しているかどうかというポイントです。

初心者向けと呼ばれているのは、この情報に優れた業者であることが多いです。最近では、初心者から中級者までを幅広くカバーするためにチャート分析ツールにも力を入れている業者が増えました。

【約定能力】

最後に【約定能力】ですが、これはFXの人気の高まりと激しい業者間競争の結果スプレッドの条件はどこもかなり良くなってきたため、実際に使ってみた感覚などの口コミや評判が重視されるようになった結果、比較されることが増えてきた項目です。

FXを始めるにはFX取引業者を選び、口座開設を行なう必要があります。
ではどのような基準でFX取引業者を選んだらよいのかお話したいと思います。
FX取引業者を選ぶ時にやってしまう間違いが幾つかあります。
有名な大手FX業者だから安心だろうと思って口座開設してしまう方法です。有名で大手だから安心という事は間違ってはいませんが、名前だけの安心で 選ぶのは 危険です。たとえ大手であっても自分の資金が守られる信託保全を採用していることは最低限必要です。また、有名で大手だからといって、自分のFX取引の方法に合っているとはいえない部分もあります。
FXには取引スタイルというものがあり、自分に合っていない取引方法に向いたFX業者を選んでしまうと、利益が得にくい場合もあります。
その人に合った取引方法にあっている、信託保全がしっかりしていて安心できる業者であると言う事は最低限でも考慮したい点です。
取引方法にあったというのは分かると思いますが、信託保全の方は万が一その会社が倒産しても、預け入れした資金は戻ってくるという事です。
信託保全を採用していなければ、倒産すればその資金は全て返ってこない恐れがあります。ちょっとそれは怖いですね。

主に、サーバーの強さなどに伴う安定度や、注文成立までにかかるスピード、スリッページの発生率やその大きさが重視されます。(スリッページとは、注文を出したときよりいくらか不利な数値で注文が成立した場合の予定価格との差のことです。)


Originally posted 2019-08-28 16:20:02.

カテゴリーQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA