MT4のインジケーターのダウンロードについてですが、最新のバージョンアップ(B…

uild600)
のせいなのか、何度やってもMT4に反映されません。

今まで通り、ダウンロードサイトから右クリック保存して、しっかりindicatorsフォルダにも保存しています。
前まではそれでMT4再起動させればカスタムインジケーターに追加されていたのですが、何度やっても追加されません。
色々ググってみたりしてコンパイルやらなんやらと初めて出てきて、それも初めてチャレンジしてみましたが、
1 error(s),2warning(s)みたいのも出るしで、どうにもできません・・・
(ググりによれば0errorになればOKみたいな)

原因がまったくもって???です。

MTF−Movingaverage をインストールしたいのですがちょいと諦めかけてます。

原因はなんでしょうか?
バージョンアップ?(Build600)
それともPC?(ビスタです)
た だのバグ?

どうか教えていただけないでしょうか?
もし、わかる方がいれば自分はPCまったくダメなんで順を追って教えてもらえると幸いです。
どうかよろしくお願いします。

回答1

ここにも書いてますが、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112055016…

このバージョンはまだ不完全で旧バージョンのexeファイルが通常の方法だと載りません。以下が無理やり載せる方法です。これはBuild 600のファイル構造の場合ですので、Build 5xxでは確かめられません。念のため。

1.移動させたいインジファイルをクリップボードにコピーする。
2.MT4 Build 600を起動する。
3.MT4画面の左上「ファイル→データフォルダを開く」でウィンドを開ける。
4.ウィンドの中のフォルダ「MQL4→Indicators」を開く。
5.開いたIndicatorsフォルダ内に1をペーストする。
6.MT4を再起動する。

1番と5番は1個だけじゃなく、複数選択のコピペが可能です。

EAの時は、1番で載せたいEAをコピーし、4番と5番でExpertフォルダを選べばいいだけです。それ以外のフォルダもこの方法で開けば効くみたいなので、移したいファイルはここから開いたフォルダへコピペしましょう。

たぶん、これでMT4のIndicatorsリストに対象のインジが現れます。

回答2

>最新のバージョンアップ(Build600)のせいなのか?
そうです。
簡単に説明するとMT4が限りなくMT5に近づいた為。正確にはBuild574からこの様な仕様になりました。
MTF−Movingaverageのex4ファイルはお持ちでしょうか?mq4のみであればex4を生成するっていう作業が必要になるのだが出来るかな。。。
詳細な対処方法は私も調査中ですが、ある程度詳しく説明されておられるブロガーさんを見つけたので紹介しておきます。
http://minitomato118.blog.fc2.com/
他にもビルドアップさせないって方法もありますが、本文察するに難しい作業かと。。。
MT4を利用されている多くの方々が立ち往生されていると思われます。
幸運を!
以下、原文掲載しておきます。

http://forum.mql4.com/60555#auto_copy

MetaTrader 4 Build 600 with Updated MQL4 Language and Market of Applications Released

Automatic Copying of MQL4 Programs When Updating from Older Builds

In the previous builds of MetaTrader 4 client terminal (509 and older), all MQL4 applications were stored in the following subdirectories of <terminal_installation_folder>\experts\ root directory:

\experts – Expert Advisors (trading robots),
\experts\indicators – custom indicators,
\experts\scripts – scripts (MQL4 applications for a single run on the chart),
\include – source c ode MQH and MQ4 files implemented into other programs,
\libraries – libraries in the form of MQ4 source codes and EX4 executable files compiled from them. They are used for the dynamic call of the functions contained there by other MQL4 programs,
\files – special "file sandbox". MQL4 applications are allowed to execute file operations only within this directory.

In the new MQL4 version, the file structure for storing the source codes has changed. Now, all MQL4 applications should be located in the appropriate folders of <data_catalog>\MQL4\ directory:

\experts – Expert Advisors (trading robots),
\Indicators – custom indicators,
\Scripts – scripts (MQL4 applications for a single run on the chart),
\include – source code MQH and MQ4 files implemented into other programs,
\libraries – libraries in the form of MQ4 source codes and EX4 executable files compiled from them. They are used for the dynamic call of the functions contained there by other MQL4 programs,
\Images – image files for using in resources,
\files – special "file sandbox". MQL4 applications are allowed to execute file operations only within this directory.

When updating MetaTrader 4 terminal from build 509 to the newer version, all MQ4, MQH and EX4 files from standard root directories of the previous version are automatically copied and relocated to the appropriate folders. Subfolders additionally created by a user, as well as files contained there are not processed. They should be relocated to the new place manually if necessary .
No files or folders are deleted during the update! All file copy operations including used file paths are fixed in the terminal Journal during the update.

No automatic re-compilation of the old EX4 files to the new version is performed during the update. Users are free to decide what source codes should be compiled to the new EX4 version. All old EX4 will work in the new MetaTrader 4 terminal. EX4 libraries compiled by the new compiler can be called only from the EX4 programs that have also been compiled in the new version.

In some cases, you may need to edit the path in #property include for included files (if relative paths have changed) in the source files. Please note that MetaEditor’s root directory is now <data_folder>\MQL4\. All programs should be located in the correct subdirectories.

You can find the data folder (<data_folder>) for each copy of MetaTrader 4 terminal on your computer via the terminal menu or in MetaEditor: File – Open Data Folder.

The update to MetaTrader 4 build 600 is available through the LiveUpdate system.


回答3

golgol824 さん、はじめまして、マオといいます。

私も今朝1時間悩まされました。Build 600 が原因かと思われます。

インジを格納する場所が、いままでとは変わっているんですね。
今までは
Broker名—experts—indicators フォルダに入れていましたが、
Build 600 では
Broker名—MQL4—indicators フォルダに置くようになっています。

このフォルダに、ex4 インジを置くと表示されます。
(mq4 インジを置いて、MT4 を立ち上げてもコンパイルされないようですので、
他のMT4でコンパイルした ex4 インジを置いて下さい。)

以上、私の解決方法でした。
(画像付きの説明をご希望でしたらお知らせください。)


回答4

}
IndicatorShortName(short_name+MAPeriod+") "+TimeFrameStr);
return(0); ←ここに貼り付ける
}
//—-
return(0); ←切り取る

//+——————————————————————+
//| MTF Moving Average |
//+——————————————————————+
int start()
{
datetime TimeArray[];
int i,shift,limit,y=0,counted_bars=IndicatorCounted(); ← shift, を削除
int i,limit,y=0,counted_bars=IndicatorCounted(); ←このようになればOK

メタエディターでプログラムを読み込んで、2箇所を修正することで使用可能です。コンパイルしてみたとのことですから、使い方は分かるはずです。
(1) 86行目にあるreturn(0);を切り取って84行目に貼り付ける。
(2) 94行目にあるshiftを削除。
修正後保存してからコ 鵐僖ぅ襪靴討ださい。
私が使用したのは次のページからDLした、23MTF_MovingAverageIGOR.mq4です。
http://gaitameotoko.seesaa.net/article/60645845.html


回答5

build600の出現で世界中が大騒ぎになっていますね。

?まず、大事なファイルをきちんとバックアップした上で、MT4を再インストールした方がいいと思います。セキュリティソフトの強さによっては、build600は一部のファイルがはねられるようです。

?次に、MT4用のフォルダは、通常は、Cドライブ→Program Files→MT4用ファルダへ格納されますが、私は昔から、Cドライブ直下にオリジナルフォルダを作成して、Cドライブ→MT4用ファルダへ格納するようにしています。これまでの経験上、どうもその方がいろいろと良いみたいですよ。

今回のbuild600も同様にやって、今のところ快適に稼働しています。

?あと、これまで正常に稼働していたインジケーターなどが、コンパイルエラーになってしまうのは、明らかにバージョンアップのためにプログラム言語がbuild600に適合しなくなったことが原因だと思います。そして、コンパイルエラーの出るインジケーターは稼働しません。

ただし、ファイルをコピーした際に、単にプログラム言語が一部文字化けしている可能性も稀にあります。そのような場合には、再度、そのインジケーターのソースを入手して、直接メタエディターにソースをコピペしてコンパイルしてみてください。それでもうまくいかなければ、泣いてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA